革財布の種類について

メインイメージ

長く使える長財布

革財布は長く使えるのでお得です

革財布にはメリットとデメリットがあります。

革財布は安いナイロン製や合成皮革などと違って長く使えることがメリットといえます。
使い込めば使い込むほど、こなれてきて味わいがあるものに変わっていきます。
色味の変化を楽しめるのも皮財布のメリットの一つです。
材質である革の種類によって色味や感触などがかなり違うので好みにあったものを選ぶのことが出来ます。
また、見た目にも高級感がわかりますからプレゼントとしても人気があります。

しかしながら、いくつかのデメリットも存在します。
まず、ナイロン製や合成皮革などと比べると値段が高いことです。
上述したとおり、これは手入れさえしっかりしていれば長いことつかうことが出来るのであまり重大な問題ではないともいえます。
安いナイロン製や合成皮革を何度も買い替えていれば、多少高い革財布を購入する代金程度にはなるからです。

もう一つのデメリットは、きちんとした手入れが必要になってくることです。
汚れがついてしまった場合などは、出来るだけ早く手入れしないといけません。
そうしないと汚れが革にしみこんでしまい落とせなくなってしまうためです。

さらに、皮財布の手入れは汚れを落とすだけでなく、様々な手入れが必要になります。
革に艶を出したり、傷をつきにくくするために保護したり、水に濡れてしまった場合に痛みを最小限に抑えるために防水加工をしたりと様々なものがあります。
それぞれ専用のクリーナーがあり、それらを使いわける必要があります。
特に皮財布は水に非常に弱いので防水加工は必須であるといえます。

さらに、普段の使い方にも注意が必要になります。
例えば、小銭やカードを多く入れてしまうと型崩れの原因になったり、傷をつけてしまったりと皮財布の寿命を縮める結果につながってしまいます。
男性の場合、よくズボンの尻ポケットに財布を入れている方がいますが、革財布の場合は余計な力が加わってしまうこと、長時間座っていた場合など汗をかいた際にそれが革財布にしみてしまい水に濡れてしまったのと同じことになり、それが痛みの原因となってしまいます。

皮財布には上述したとおり、メリットデメリットがあります。
手入れが継続できないのに、革財布を購入してしまえば合成皮革製と同程度の期間しか利用できずにお金だけが無駄になってしまうなんてこともありえます。
自分の使用方法や手入れを継続できるか否かなどを考えた上で購入することを決定しましょう。

最近の投稿