革財布の種類について

メインイメージ

アンティーク長財布

アンティーク長財布の魅力とは

長財布の人気はすっかり定番となりましたが、その人気の理由は長財布だとお金がたまるというものでした。曰く、二つ折りの財布はお札を折らねばならないので、お札が苦しがって逃げてしまう、長財布だとお札を折らないで済むのでお金が逃げない、だからお金がたまる、というものです。こんな洒落みたいなことを、と思う向きもあるでしょうが、この説を唱える人は多く、長財布は人気アイテムとなり様々なデザイン、材質のものが発表されるようになりました。大人にとって財布はどんなものを持っているかによって、その持ち主自身を判断される一要素ともなってしまうアイテムですが、それだけにこれだと本当に納得できる一品を探すことは難しいものです。安っぽいものを持つのはふさわしくありませんし、しかし高ければ良いというわけでもありません。クローンのようにみんなが同じものを持つというのも大人はそろそろ卒業したいものです。
財布というとレザー製品のイメージですが、アンティークの革を使った上質な長財布は非常に上品で唯一無二のものです。アンティークレザーの持った時にしっくりと手になじむ感覚は、持った人でなければ理解できません。レザーの魅力の一つは年を経ることによる変化です。初めて持った時から何年も何年もかけて持ち主と共に時を歩み、日々過ごすことによってレザーは落ち着いた独特の風合いを重ねていきます。レザーは持ち主に合わせて成長する素材なのです。ぴかぴかの新品を持つのも楽しいものですが、時間とともにじっくりとつきあっていけるレザーの財布と付き合う喜びは何物にも代えがたいものです。何年か経った後にどんな風合いになっているか、楽しみに財布を育てていくというのも乙ではありませんか。余計な装飾のない、シンプルだからこそ材質の持ち味が生きるレザーは大人にふさわしい財布です。
また機能面でも利点があります。オイルレザーの製品の場合、多少傷がついても磨けばほとんどの場合元に戻ります。手入れの簡便さ、丈夫さもまたレザーの魅力の一つなのです。
アンティークレザーの長財布を選ぶ際に注意すべき点がいくつかあります。一つは収納の多さです。デザインがどれほど気に入っても別にカードケースを持たない場合はカードがきちんと収納できるか事前に確認する必要があります。また、開閉部の動きも気になるポイントです。
財布は毎日持ち変えるようなものではなく、ずっと付き合うアイテムだからこそ、事前によく調べたうえで自分にふさわしいものを購入するのが得策です。

最近の投稿