革財布の種類について

メインイメージ

長財布の使い方

長財布の使い方について

財布は単にお金を外に持ち運ぶための道具ではないのです。また最近では財布は自分の地位や格式、収入をひけらかすアイテムになりつつあります。収入があまりなくてもブランドの高級皮革の財布を持っていたりすると、自分をセレブや富裕層の人間のように演出することが可能なのです。

ある種ブランド時計、ブランドバッグと同じような自己顕示欲を満たすアイテムになりつつあるのです。しかし財布の本来の役割とは、自分の収入、自分のお金をきちんと自己管理する道具であるのです。こうした意識が薄れつつあるので、どうしても財布を選ぶ時に、デザインやフォルム重視の財布選びになってしまい、結果的にお金の貯まりにくい体質にしてしまっているのです。お金を貯めたい、お金の自己管理をきちんとしたいと思うのであれば、財布の本来の役割をきちんと頭にたたきこみ、その上で財布選びをしたいものです。財布をお金を管理をする道具として使えば、自ずとお金が貯まる体質に改良されていきます。

こうしたお金の徹底した管理に拘るのであれば、長財布を是非購入し使いたいものです。長財布はファスナーで大きく財布を開けて中身を一気に見ることが可能です。そのため一目でお札が何種類、何枚入っているか、小銭はどれくらいあるのか、クレジットカードは何枚あるのか、どこのポイントカードが入っているのかまで分かり、徹底した自己管理ができる訳なのです。

真ん中の間仕切りの小銭入れがメッシュ素材で中身が透けて見えるものであれば、小銭の金額まで徹底して管理することができます。この長財布の使い方として良い例をあげると、小銭入れの間仕切りを境に、左にはお札、右には商品券、クーポン、割引券やレシートなどを入れると金銭の収支管理が非常にしやすくなります。極力お買物は右に入れられた商品券や割引券、クーポンから使っていくようにすると、無駄遣いが極力抑えられるようになるのです。

また長財布の側面にはカード収納がたくさんあります。やはり右側の側面のカード収納にはポイントカードなどを入れ、買物の都度その店のポイントカードがないか先にチェックできるようにしておくと良いでしょう。ポイントを的確にきちんと確実に貯めていくことも、お金を極力使わないことに繋がっていくのです。

また左側のカード収納には、あまり使いたくないクレジットカードなどを収めるようにするのです。小銭入れの間仕切りを境に右側は極力使っていきたいもの、左側には極力使わないようにしたいものと分別し収納することで飛躍的に無駄遣いは解消され、お金が貯まる体質になっていくのです。

最近の投稿